訪問看護であったかナ〜ス☆看護師の転職ならメドフィット
【PR】ナースフルで高給与、好条件の看護師求人を探す

看護、医療

受け入れ拒否 立場変わっても・・・つらい現実

おはようございます晴れ

前々回、医療拒否について
医療者側の声を少し書かせていただきました。

で、今回は逆の立場です



私が大きな病院を退職して早5年という月日が
流れました。
今は町の小さなお医者さんで、患者様の多くは
町のお年寄り、お子さんです。
家も近いこともあり、


  じもち〜(地元人)



であることは、時に役立つこともあります。
近隣の学校や保育園、幼稚園の情報など
ママつながりで入ってくるので、
どこで何がはやっているのかは、目の前の
患者さんの診断につながってくることがあるのです。

そんな小さなお医者さんで働いていますが、
時に、びっくりするほど具合の悪い状態で
やってこられる方がいます。
お年寄りで、身内や頼れる人がいなくて
大きな病院までいかれないから
やっとの思いであるいてきた・・・とか。


当然紹介します


大きな病院へ。

設備のあるところでなければにかかわります



そんな場合は、本人が嫌だといっても
相応な医療を受けていただかなければ
本当に危ないんですから。
そこで、小さな病院の先生、看護師さんは、


病院を探します





「今、先生が急患を見ているので無理です」
「担当の科(例えば呼吸器とか)の先生がいません」
「ベットがいっぱいです」

「ちょっとお待ちください」で10分以上たって
断られることも・・・・・。


・・ですよね。だって



大きな病院だって大変なんだもん







それはよく解ってる。
よ〜くわかっているんです。
散々見てきたことですし。でもね、でも、





お願いだから受け入れてexclamation×2





って、泣きそうになることもあります。
目の前で痙攣がとまらない子供の
受け入れ先がなかなか決まらなかった時は
無性に悲しさと怒りを感じてしまいました。

小さな診療所で出来ることは限られていて、
小さな子供に、出来る処置には限界があるんですよね。





今も医療者側に立っていますが
受け入れを拒否される側でもあるわけです。
受け入れる側の大変さも知ってる、でも



  なんで、こんな状況がずっと続いているの?




って思います。
大きい病院も大変。
小さい病院も大変。
そして、本当に医療が必要な患者さんも大変。

医療を取り巻く現実は


  どの立場に立っても厳しくて・・・・





今日のランキングお願いポチ☆
banner_04.gif











この記事へのコメント
 テンプレ変わったんですね(^^)一気に夏らしくなりましたね。

 小さい病院、大きな病院もとても辛いんですよね。小児救急の危機、ついにCMまで作られましたね。どうすれば発達するんでしょう。産婦人科医もどんどん減少していますし。。子供にとっても大人にとってもつらい状況は一向に回復しないですね。
ゆんぴい
こんにちは〜♪
テンプレとてもさわやかな感じで良いですね♪
今後の医療・病院は不安が多いですよね!
治療に関してはもの凄く進歩しているのに・・・
応援★
ミリオネゴッド
 こんにちは^^爽やかなテンプですね
最初 ピンキ−ママさんに出会った頃を
思い出しました<車が走るものね>

 先日テレビで見たのですが
救急に入るドクタ−と診察科、受け入れ可をネットで結び 救急車などにその情報を共有するもの・・・一刻を争う時に今の
システムはあまりにアナログですよね
 こういう方法が広がってほしいし
 現場の勤務状況を改善される方向で
 進んでほしいです。 過酷な労働では
 集中力が欠けミスや誤診を生む気が
 します 応援★★★
まさ
それぞれの立場で考えても
厳しい現実・・・・
難しいですよね〜
現場で働いていらしゃるから
余計にはがゆい思いをされているのが
伝わってきます
どうしたらベストなのか・・・
医療は誰にとってもお世話になるところで
一生のテーマだと思います
これからも考えていきたいですね
orengewood
現実は悲しいです。
そんなもんですね。
明日の夜勤は「救急担当」
気が重いです。
ななまま
まったくそのとおりです。ピンキーママさんと同じ気持ちを勤務のたびに味わっています(><;) どこも大変なんですよね〜わかります、わかるんだけど、じゃあ、いまこの患者さんをどうしたらいいのっ!?って叫びたい気持ちです。
一個
ゆんぴいさんへ、

何日か温かい日があったので、テンプレ変えて夏イメージにしてみました。
ピンキーママというより、ブルーママって感じの青青しいページになってしまいましたが、よろしくお願いいたします。
いつも言ってますが、世の中全体的に、優しくないな〜って感じますね。
ピンキーママ
ミリオネゴッドさんへ、

本当ですね。忘れていましたが
医療は日々発達を続けその進化の
スピードはめまぐるしい!!
でも、医療を受ける環境、与える制度は
なかなか改善されませんね。
ピンキーママ
まささんへ、

まささんのページ、とってもさわやかで
飛び込んでしまいたいくらいです!
過酷な労働は、結局患者様に悪い形で
反映されてしまいます。
適切な改善を求めたいです
ピンキーママ
orengewoodさんへ、

それぞれの立場、どこに立っても
不具合だらけ・・・・。
じゃあ何が出来るんだろう?
どうすればいいんだろう?

すっきりした答えはなかなか出ませんね。
ピンキーママ
ななままさんへ、

救急担当・・・。
気が重いだろうな・・・・・。
伝わってきます。責任の重さ、
厳しさ。

ななままさん、いつもお疲れ様です。
ピンキーママ
一個さんへ、

うんうん、叫びたい!!
いや、叫んじゃう時もアル!!

一個さん、いつもお疲れ様です。
ピンキーママ
テンプレ、さわやかでいいですね♪

ピンキーママさんは、どちらの立場もわかるだけにつらいですよね。。。
何とか、改善してくれるよう、心から願っています。

応援ポチ!!!
ピーチ
ほんとにどうして何年も改善されないんでしょうね〜〜〜
私たちはお断りする立場でしたけど、どこも同じなんですよね。
お金だけじゃ解決できないと思います。
家庭で埋もれてるDr.ママやナースママ応援シフトが充実したら・・・
ポチ☆
miica
悲しい現状ですね。
休日や夜中の急な病気で救急へ行ったことは何回かありますが、
本当に救急が必要な人ばかりではない気がします。
子供の医療費がタダということも相当影響しているように思います。本当に必要な人に必要な医療が受けられるようになればいいですよね。
応援ポチ★
tekkamaki
ピーチさんへ、

医療改悪でなく、医療改善をもとめたいです、本当に!!
ピンキーママ
miicaさんへ、

ね〜〜〜〜!!

ドクターママ、ママナース、に、
働きやすい環境が整ったら、
すっごい力になるよね。
ママナースのワーキングシュアとか、
二人で一人前の労働で、保障や保険は
しっかり付けてくれるとか、条件に
働きやすい工夫と、優しさがあれば
止めない人も多いと思うんだよね。

正直、不器用な私には、両立は難しかったもの・・・・。

miicaさんのナース復帰を
世の中は待っていますよ〜〜〜♪
働きやすい世の中を求む^^
ピンキーママ
tekkamakiさんへ、

そうでよね。確かに・・・。
救急車をタクシー代わりに使うような
モラルの欠如も問題だと思います。
軽症でいっぱいの夜間救急で、本当の
重傷者がなかなか見てもらえない
そんなエピソードもちらほら。
でも、重症か、軽症かを判断するのって、
難しいだろうし、具合の悪い
小さなお子さんを観るのは
不安と恐怖がありますよね。
そういうときに相談できる身近な
コミュニティの存在が乏しいのかな〜
今の日本って。
ピンキーママ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91432670
この記事へのトラックバック


■ご褒美ディズニー■

夢の続きはホテルでみたい

■楽天市場■

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。