訪問看護であったかナ〜ス☆看護師の転職ならメドフィット
【PR】ナースフルで高給与、好条件の看護師求人を探す

看護、医療

かわいそうなパンダ

こんばんは。



今日、こんな話を聞きました。
「〇〇さんの娘さん、結婚した
 先に産婦人科がなくて
 こっちに里帰りしたんだって。
 そうしたら、こっちの
 病院(総合病院)も、産科止めちゃって
 病院(産婦人科医院)も婦人科のみに
 なっちゃって、探すの大変だったんだって〜」





  ええ?!そうなの?







   大きな総合病院でも、産科は
   なくなっていっちゃうんですから
   残った産科の負担は



  かなりグッド(上向き矢印)




   妊婦さんは、妊娠判明と同時に
   お産の予約しないといけない状況ですよね。







   でも、確かに産婦人科の先生は本当に大変です。
   お産はいつ来るか解らないし、最後まで
   安全なものかは解りません。
   私の出産した産院だって24時間体制で
   いつでも対応(つまり、先生に確実な休みなし)

   
  使命感なくしてなかなかできるものではありません。

  命の誕生にかかわる本来素晴らしい職業です。
  



   だけど、もう、続けられないと去っていく産科医。
   そんな現状を知ってか、産科という領域をあえて
   選ばない医師は、どんどんふえているのではない
   でしょうか・・・。

   あまりに過酷な毎日に(産科だけではないけれど)



   「もう、やめようかな。
    形成外科で、定時であがれて、しかも、年収ン千万
    なんて求人見ると、ぐらっとくるよ・・・」



   なんてぼやいていらっしゃった先生の言葉
   印象に残っています。
   よっぽどつらかったのでしょう。

















べいびー.gif
  















  今、何かと通りましたよね。















  ハートたち(複数ハート)BABYですね〜ハートたち(複数ハート)














    かわいいわーい(嬉しい顔)BABY
    これからだって、こうのとりさんが
    たくさんの幸せと一緒に
    運んできてくれるんだと思うんです。
    でも、産科医さんたちなしに
    妊婦さんの安全は守られません。
    たとえ、助産師さん中心の
    家庭的なお産(私もすごくいいな〜と思っています)
    が一般的になっても、
    バックに産科医と、すぐに帝王切開できる
    施設は必要です。
    お産は最後まで、100パーセント安全とは
    言い切れませんもの。





     でも、一度も検診を受けず、いよいよ
    陣痛で、飛び込み出産・・・・・

    このようなお話を聞くと
    どうして?という気持ちになってしまいます。

   お腹に宿ったら、その大切な命を守る為に
   どうか、必要な診察を受けてください。
   必ずかかりつけを作ってください。

   飛び込み出産のお手伝いをしてあげたくとも、
   先生方はかかりつけの患者さんで手いっぱい
   になっています。もちろん、手一杯でも
   手をあかせることができれば引き受けて
   くださるでしょう。
    でも、もし、胎盤の早期剥離、なんかで、
   緊急の処置を行っていれば、断らざるを得ません。
   かかりつけの患者さんの命がけの出産を放り出して
   どのような経過があるのか、リスクを持っているのか
   解らない飛び込み出産を受けることは
   できないはずです。
  

   どうか、妊婦さんはきちんと
   診察を受けて欲しいな、と思います。
   そして、産科医の現状を変えていかないと
   今後ますます大変な時代に・・・・と思います。

   


今夜は、DR.I様   のブログから

   
「かわいそうなパンダ」を引用させていただきました。
時間のない方は飛ばしてください。
時間があって、産科医(パンダ)の現実を
一緒に考えてくださる方は、どうぞ、この物語を
読んでください・・・。




かわいそうなパンダ、奈良版

とある国ではパンダは希少動物、
各地の動物園ではパンダの芸は大人気。
朝から晩までパンダショーは人だらけ。

定時のショーが終わっても、
今すぐにどうしてもショーを見たいという
お客さんの希望に応じるため、
休む暇も無くパンダはショーを続けていました。

不思議なことに、その国では。
希少動物であるはずのパンダは
寝る時間も無い程働かされているのに、
餌は少ししか貰えないし、他の動物と同じ、
粗末な小屋に寝かされていまし た。

かつては、パンダが綱渡りから落ちたり、
お手玉を落としたりしても、
お客さんはパンダを責めることは無く、
拍手してくれていました。

時代は変わり、芸が決まっても拍手は無く、
失敗すると野次や怒声が飛ぶようになり、
とうとう、芸を失敗したパンダに罰が
加えられるようになりました。

疲れ果てたパンダは次々と病死し、
動物園から逃げ、パンダであることを隠すために
黒い毛を白く染めて白熊として生きるものが
続出しました。

そうしてパンダの居ない動物園が増え、
特に田舎の動物園では
パンダショーは見れなくなりました。
でも、不思議なことに、
パンダの虐待は日に日にひどくなるばかり。

総理大臣までもが、パンダを確保せよというばかりで、
虐待をしてはいけない、とは決して言いません。
挙句の果てには、白熊を上手に染めて
パンダにしてしまえと言い出す始末で、
どうにもなりません。

そんな美しくない国で起こった
可愛そうなパンダのお話です。


その日もパンダは定時のショーの終了後、
夜中に芸が見たいお客さんのために
2匹で動物園に残って必死で芸をしていました。
そこに動物園の受付のおじいさんがやってきて、
パンダに耳打ちします。

「実は今すぐに芸を見たいという電話が入ってますよ」
「どんなお客さんですか?どんな芸をみたいの?」
「それがね、良く分からないのですよ。
とにかく今すぐショーをしてくれないと
困るとおっしゃっているんだけど・・」
「申し訳ないけど、今芸の真っ最中なんだ。
見たら分かるでしょ。
最近、綱から落ちたら鞭が飛ぶから
僕たちも必死だよ。
寝不足でフラフラだけど、
最高の結果を求められているんだ。
僕たちも余裕がないんですよ。
後にしてもらえますか?」

可愛そうなパンダの現状を知る
おじいさんはこう返事します。
「今、芸の真っ最中です。
芸に時間がかかるかもしれません」

するとお客さんは
「それなら他の動物園に聞いてみます」
と電話を切りました。

その後も次々とお客さんがやってきて、
2匹のパンダは翌日まで芸を続け、
一睡もしないまま翌日の朝から
通常通りのショーを行いました。
難しい芸も無事決まり、パンダは疲労困憊ながら、
今日もお客さんに喜んでもらえたと満足していました。

ところが、数日後新聞を見てびっくり。
「最寄の動物園のパンダ、ショーを拒否」
「客席は空いていた、パンダに余力あり」
という大きな見出しが目に入ります。

どうやらお客さんは遠くの動物園まで行くことになり、
ショーの内容にも満足しなかったようです。
パンダにしてみれば、ほとんどの動物園で、
パンダは疲労困憊。
余裕のあるところなんてありません。
それは仕方ないことなのです。

「そ、そ、そりゃないよ。
徹夜でショーをしていたのに、
どうしてこんな風に言われなきゃいけないの?」

当事者のパンダは悲しくて悲しくて
おいおいと泣きました。

その動物園には抗議が殺到します。

「税金で餌を食っているパンダが
ショーを拒否するなどとんでもない」
「怠け者のパンダに鞭を打とう。
もっと鞭を打てば、ショーを断ることなどないはずだ」

見かねた園長さんが
「実はパンダはこんなに必死に芸をしていたのです。
もうパンダは数が減ってしまって、
これ以上の芸は無理です。
分かってやってください」
と記者会見を行いました。

それでも一般市民はパンダを責めるばかり。
「パンダに生まれた以上、どんな芸も完璧に、
いつでも行う義務がある。
パンダとして出生した時の心を忘れたか」
と新聞の社説にも書かれる有様です。

そのショックで、一匹だけ産まれる予定だった
パンダの赤ちゃんも死んでしまいました。
悲しみに暮れるお母さんパンダも
「どうせこの国でパンダとして生まれたら
死ぬまでこき使われるわ。
赤ちゃんが亡くなってしまったのは残念だけど。
これも運命よね」
と納得するしかありません。

ショーを断ったとしてバッシングの嵐を受けた
パンダとその仲間はついに決心しました。
「パンダでいることに誇りを持ち、
必要とされるやりがいだけで必死にやってきた。
でも もう限界だ。
みんなで逃げよう」

パンダたちはお世話になった
園長先生に手紙を書きました。

「えんちょうせんせい。
ぼくたちをかばおうとしてくれたことにかんしゃします。
でも、もうげんかいです。
こころがおれてしまいました。
これいじょうショーをつづけるきりょく
もたいりょくもありません。
にげるしかないのです。
ゆるしてください」

皆でおいおいと泣きながら手紙を書き上げ。
最後の力を振り絞って鎖をほどき、
動物園から脱出しました。

パンダの脱出は大きなニュースになりました。
でも、この美しくない国の人たちは
逃げたパンダを責めるばかり。
自分たちがいじめ抜いてパンダが
居なくなったことに気がつかないのか、
気がついているのに無視しているのか、
パンダをこれ以上いじめないようにしよう、
大事にして増えてくれるように努めようとは
決して思わないのでした。

m3.comの掲示板より


banner_04.gif
この記事へのコメント
ピンキーママ先生、((( *~∇~)爻(~∇~* ))) オヒサでーーす。
もう、資本主義も限界に来ているのかもしれませんね。
/(-_-)\ コマッタァ・・・ 。
でも、これからも地球を変えていくのは私たちとこれからの子供たちだわん。
がんばるまんはがんまりましょう!(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!
蘭太郎
私たちの欲とエゴは
限界を超えて悲しい時代を作り上げて
しまいましたね。。。

パンダくん達の澄み切ったこころに
気付くはずもありません(ノ-`゚)

初めての感動、感謝を忘れて
もっともっとと欲はエスカレート。

でもこうしてたくさんの人たちが
気付き始めたよねピンキーママちゃん^^

来年からは
美しい光の国に戻っていくよねきっと♪

素晴らしい記事をありがとう^^

今宵素敵な聖夜を'゜☆。.:*:.★.:*

応援^^

みゅー
なんとも、悲しい現実ですよね〜

責任を誰かにおしつけるばかりで
自分たちのあり方を変えようとしないのは
よくないですよね・・・
今日もピンキーママさんを
心から応援してます☆
orengewood
こんにちは!
どんなイブをお過ごしですか?
産婦人科のお話もパンだのお話も
みんなで考えなくてはいけない問題ですよね!
このままでは、自分達(人間)が
自分達を追い込んでしまうことを
はっきり自覚しましょう。
今できることを、声をあげて
やっていかなくてはいけませんね。
応援ぽちん☆
ちょっとリトル
メリークリスマス☆

今日はバタバタなので
ポチだけして帰りますぅ〜
またゆっくり来ますね^^

応援ポチっと〜凸★
みぃ
大事なことに気づかずにいることが多いですね。
もう、一度。。。何度でも考えて見ましょう。
★応援ぽち
沙葡李
地方の意思不足の話は聞いていましたが、産科がこんなに少なくなっていること、知りませんでした。色々事情があるとはいえ、考えさせられますね。
応援ポチ、そしてメリークリスマス!
キウイママ
 こんばんは^^ 記事読んでじーんとし
ました。 常識のない妊婦が増えているの
でしょうね、命が宿ったのに…
産み逃げもあるし、<前金も増えている>
とかく産科医不足は問題になってますが、
労働環境も整えないと現場の方もおかしくなりますよね。
 私は自分の出産に助産士の学生たちの立会いに協力しました。みんな感動で涙を
流してました。<もちろん私も号泣>
いのちの誕生の瞬間を共感できて
とてもよかったです。
安心して新しい家族をむかえられる
ように、どうしたらいいのか
もっともっと考えないといけないですよね
応援★
まさ
 こんばんは^^ 記事読んでじーんとし
ました。 常識のない妊婦が増えているの
でしょうね、命が宿ったのに…
産み逃げもあるし、<前金も増えている>
とかく産科医不足は問題になってますが、
労働環境も整えないと現場の方もおかしくなりますよね。
 私は自分の出産に助産士の学生たちの立会いに協力しました。みんな感動で涙を
流してました。<もちろん私も号泣>
いのちの誕生の瞬間を共感できて
とてもよかったです。
安心して新しい家族をむかえられる
ように、どうしたらいいのか
もっともっと考えないといけないですよね
今日もいい記事をありがとうございます
メリ−クリスマス!
応援★
まさ
ピンキーママさんの写真を拝見いたしました。10代だったんですね。
キャー!ビックリ!! (*゚ロ゚)ノミ☆(;>_<) バシバシ


。。。。。。。。タッッタッタッタッタッタタタタタタタ!
(;ーー)ノノ ニゲロ~~
蘭太郎
産科医の現実は以前からニュースなどを見て知ってましたが、やはり厳しいのですね。私の地元鹿児島のお隣宮崎のある町では、子供を産みたいが産院がなく、一番近いところで車で2時間と言ってました。ピンキーママさんのお知り合いの方と同様に、その町で産むことは無理だということです。これでは子供が増えるはずがありません。「どげんかせんといかん」と東国原知事が立ち上がり、状況の改善に取り組んでいるそうです。
 私がはるこうを産んだ産院も、いつも分娩を行なっているのは院長の息子さんのみです。緊急の場合は大きな病院へ搬送です。近くに産院は2つありますが、その辺の連携はとれているようです。隣の市には産院がないため、若い人は離れつつあります。

 パンダの話。この国でも色々な場面で見られる光景ですね。いじめの典型はそこですね。社会主義はおかしいと思いますが、見下す事でしか自分を保てない考え方はもっと間違っていると思います。
ゆんぴい
ピンキーママさん こんばんは☆

私も、かかりつけの産婦人科でお産を扱っていなくて、結局実家近く(といっても30分位離れていたのですが・・・)で出産しました。私は、今東京に住んでいるんですが、妊婦検診してくれる病院も近くになく、地元ではないので詳しい事が分かりかねた為
仕事も激務だったりして、初診後1ヶ月以上開いてしまい、先生に怒られたことを思い出します。

出産した病院も、個人病院だったのですが、
先生も看護師さんも、とっても忙しく、大変なはずなのに、そんなそぶりも見せず、妊婦さんや、出産後のママさんの心のケアもして下さって、本当に頭の下がる思いでした。
この惨状は、国がやっぱり何とかしなければいけないと思います。少子化を嘆く前に、心置きなく産める環境を作ってもらいたいですけどね・・・厚労相も今大変な時期ではあるのでしょうが・・・
peachjun
ピンキーママさん、こんばんは。
読み始めたら最後まで目が離せま
せんでした。深刻な状態ですね。
我が子達はどんな世の中を渡って
いくのでしょうか?医療と教育が
荒廃しつつあるような気がして、
本当に心配です。2番目の子は自然
分娩の立会い出産でした。正直もう
したくないと思いましたが、今では
立派な院長先生で、いい病院だった
と思います。日本もアメリカのよう
には絶対してはいけませんね。
応援p!
フリーダム
メリークリスマス!!
考えますね。。。
何でもアメリカのまねしていれば
いいってもんじゃないのです。。。
tamirin
メリークリスマス!!
考えますね。。。
何でもアメリカのまねしていれば
いいってもんじゃないのです。。。
tamirin
こんにちは。
姫と王子の素敵な笑顔が見られたでしょうか。
★応援ぽち
沙葡李
こんにちは^^

いのちについてもっと考えないといけませんよね!責任感が無い人も増えてますよね・・・考えさせられます。。。

応援ポチっと〜凸☆彡
みぃ
メリークリスマス♪
一度も検診を受けないで出産する人が
多いっていう現実!
ホントに産科医の苦労がは想像以上
なんでしょうね〜。

応援ポチ★
ぎゅみ@懸賞日和
こんばんは!
メリークリスマス。
応援ぽちん☆
ちょっとリトル
ピンキーママさん、

こんばんわ。

パンダ・・・・

パンダは決して芸をするために生まれてきたわけじゃない。

人間の勝手で芸をさせているだけ。

パンダものびのびと暮らしたいんだよね。

パンダじゃなくても脱出するよ・・・。

動物は、動物なんだよね。
HIRO
何度読んでも悲惨な話ですね。医療の現場で
勤められている人の話ですから、すごく恐ろ
しいです。自分に何ができるのかな?
応援p!
フリーダム
こんにちは。
みなさんのコメントも興味深いです。
★応援ぽち
沙葡李
蘭太郎さんへ、

より良い未来を作るのは
私たちと、こどもたち

ん〜、使命を感じます^^
無力な私ですが
できることから・・・・♪
ピンキーママ
日本は、本来他人を思いやる心を
大切にする国だったといいますよね。
神の国、黄金の国、と
世界中が憧れたといわれて
きたそうですが
いつから、こうなってしまったのかしら?

光の国、年が明けたら
そこに向かって生きたいですね^^
ピンキーママ
上の記事、みゅー様へ、
(抜けてしまった〜ごめんなさい)
ピンキーママ
orengewoodさんへ、

悲しい現実ですね。
全国のいたるところで
医療従事者のつらい現実
患者さまの、つらい現実。
双方によろしくない
医療制度。どうしたらいいのでしょうか・・・。
ピンキーママ
ちょっとリトルさんへ、

このお話は奈良の妊婦さんの
たらいまわしと報道された
出来事を元にかかれています。
「たらいまわし」なんて言葉を
マスコミはよく使いますが
断る側は、やんごとなき状況で
断らざるを得ないというところが
全く報道されません。
問題は断った医師ではなく
もっと深いところにあるのだと
思います。現場の先生は一生懸命
、必死で、目の前の患者様に
向き合っています。
本当にみんなで考えたい問題だな、
と思います。
いつも、ありがとうございます
ピンキーママ
みいさんへ、

そうですね。
やはり、ここは絶対守って
ほしいな、と思うことです。
それが、ひいては
あかちゃんと、ご自身の為ですから。
いつもありがとうございます。
ピンキーママ
沙萄李さんへ、

姫と王子のきらきら笑顔
良いクリスマスを過ごせました。
あったんと沙萄李さんは
どんなクリスマスを過ごされたのでしょう?のちほど、遊びに行きますね〜^^

いろいろな角度から、真剣にコメント
下さる皆様に、感謝は尽きません。
いつもありがとうございます。
ピンキーママ
メリークリスマス!!

考えること満載です。
ニュージーランドは医師不足
に悩まされることはあるのでしょうか?
医療制度は国によってまちまちですよね。
ピンキーママ
こんばんは♪

今日のポチ

応援ポチっと〜凸★
みぃ
まささんへ、

まささんの出産に立ち会った
学生さんたち、
今立派に活躍されているのでしょうね。

看護学校で、お産に立ち会ったときの
感動は、今でも忘れられません。
そのことを思い出しました。
やはり、とても、素晴らしい瞬間に
感動を共有できる、すごいお仕事
なんですよね・・・。
それなのに、どんどん産科医は
少なくなっていく現実。
やはり、厳しい現実がそこにあるということなんでしょうか・・・。
ピンキーママ
ゆんぴいさんへ、


そうか・・・、
このお話は何も医療業界のことだけでは
ないのですね。
とても、考えさせられました。
たしかに、世の中あらゆる面で
可愛そうなパンダたちは
嘆いているのかもしれません。
頑張っても頑張っても正当な評価を
得られない・・・
美しくない国ですね・・・。
変わっていかなければいけない
時ですよね。
ピンキーママ
peachjunさんへ、

心置きなく生める環境。
本当に大事なことですよね。
心置きなく育てる環境とともに
何とかしていかなければ
いけないことですよね。

そして、出産も子育ても
大変だけど素晴らしく素敵な
事だと、みんなが思える
世の中にしていかなければ
未来が輝かないですよね・・・。

妊婦さんにとって
産科医と助産師は神様のような
存在でもありますよね。
是非、産科医の減少に、
歯止めを掛けて欲しいな〜、と
国に期待したいです。
ピンキーママ
こんばんは!
応援ぽちん☆ぽちん☆ぽちん☆
ランキング増えたんですねぇ!
ちょっとリトル
フリーダムさんへ、

立会い分娩、素晴らしい経験を
されましたね〜^^
とても奥様孝行だと思います。
私も2度の出産、偶然
主人が立ち会える状況で、
立会い出産でした。
今思い出すと、コントのような
どたばたでしたが、と〜っても
良かったと思っています。
医療と教育、未来を支える子供たちの
ためにも荒廃させてはいけませんよね。
パンダのお話はほんの、氷山の一角だと
思います。
現実は益々深刻さを増していく中
思い切った改革を期待したいです・・。
ピンキーママ
tamirinさんへ、

そうですよね、日本には日本の
良さというものが、いろんな面で
あったはず・・。
もったいない、とか、おすそ分け、
とか、自分よりも他人を優先する
ような、奥ゆかしさを誰しも忘れ
世の中も、そんなことを忘れ
みんな自分の利益を考えるような
世界になってしまった・・・
そんな一説をどこかで読んで
なるほど日本魂はすばらしい!!
と思ってしまった私です。
ピンキーママ
ぎゅみさんへ、

一度も検診を受けない・・
これは、赤ちゃんを取り上げる側にも
とても恐怖です。
どんなリスクがあるかわからないのですから・・・。
やはり、きちんと検診を受けて欲しいと
願わずにはいられません。
おくればせながら・・メリークリスマス!
ピンキーママ
こんばんは、春花です。
私は2番目と3番目の子どもを、
助産院で生みましたが、
助産婦さんも、とても激務でした。
3人目のとき、病院での初診のあと
助産院に行くまで日が空いたら、
助産院でとっても怒られました。
「そんなことでは、うちでは引き受けられませんよ」って。
定期検診にかかるお金って、
けっこうバカにならないので、
本当に払えない方もいらっしゃるかも知れません。
応援ぽち
きっと、よくなる!…よね?
ピンキーママさん
こんばんは!
いつもありがとうございます。
安心して出産できること、
ごく当たり前のことなのに、
それができない現実。
おかしいですよね。
どうにか早急に改善して
もらいたいです。

応援☆



ナナコ
春花さんへ、

おっしゃるとおりです。
経済的理由で、検診にこられない。
これが、安全なお産ができない理由
になるのだとすれば、赤ちゃんを産む
ということにも、格差が生まれ、
益々生みにくい世の中になってしまいます。私のお友達でイタリアに在住の
方がいるのですが、彼女は、「検診も
出産もすべて無料だよ。そういう心配
しなくていいのは、ありがたいよ」
そう言っておりました。
1回1回、保険が利かず、5,6千円
かかる検診ですが、なぜ保険が利かないのか、素朴に疑問です。
お産は病気じゃない、というところから
きているのでしょうか?
子供がいなくなれば
国の未来も危機迫ってくるのですから
安全なお産のためには制度をかえていくことも大事なのでは?と思います。
ピンキーママ
ナナコさんへ、

産科医や助産師さんの激務、
産科医ばなれ、
と叫ばれる産科医不足は本当に
深刻です。
産科医の先生がたのおかれた
環境は、このパンダさんと同じです。
徹夜でショーを行っても

「税金で餌を食っているパンダが
ショーを拒否するなどとんでもない」
「怠け者のパンダに鞭を打とう。
もっと鞭を打てば、ショーを断ることなどないはずだ」

これでは、続くはずがありません。
人には限界があります。
いくらお金をもらっても
たくさんもらえば寝ないで働けるか、
といったらそんなことはありません。
(正当なお金、給料すらもらえない
 先生方だっていらっしゃいます)
早急な対策がもとめられますよね・・・・。
ピンキーママ
ランキング増えてますね★応援ぽち×3
沙葡李
この国はこのままじゃ、どうなるんだろう
私たちはどうすればいいんだろうね
一個
こんばんは!
いつもありがとう。
応援ぽちん☆
ちょっとリトル
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック


■ご褒美ディズニー■

夢の続きはホテルでみたい

■楽天市場■

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。