訪問看護であったかナ〜ス☆看護師の転職ならメドフィット
【PR】ナースフルで高給与、好条件の看護師求人を探す

看護、医療

病院にいったら

前回の記事では

この国の医療現場における悲惨な現状について
書かせていただきました。
過酷な労働を余儀なくされる医師、
尊い命を過労死という形でなくしてしまった現実。

私を含め、ショックだったり驚きだったり
感じることはたくさんあったと思います。



で、今回は



その裏側


考えてみたいと思います。




例えば、ですが。

ここに1人のママがあったとさ。

☆ウサギちゃんママ
   お子さんが幼稚園でお熱を出して先生から
   呼ばれました。
   なんとなく鼻水も咳も数日前からありました。
   早速病院へ連れて行きました。
   ここは、待合はそこそこヒトがいますが
   程なく呼ばれます。
   先生はニコニコと迎え入れてくれて・
   「そう、お熱があるのね、ア、のどもちょっと赤いね。
   咳も出るんだ。
   まあ、

     ふつーの風邪ですね。


   一応抗生剤も、解熱剤も、咳止め、鼻水止めも
   出しておくから、お大事にね。

    ざっと3分で終了♪



   そうか、ただの風邪か。
   抗生剤も出してもらったし一安心。
   ポカリでもかって帰ろう^^よかったよかった。
    それにしても、ちょっと見てすぐに
   解るんだから、本と先生って

     名医わーい(嬉しい顔)


    優しいし。







・・・・・・・・・ってどうでしょう?






これ、私的には・・・・・どーにも


    ありえねーしょん


なのですが・・・・・。






   だって、ただの風邪に効く抗生剤は
   ないんですから。
   例えばのどが痛くて熱が出て、という場合
   10中8,9は、抗生剤のいらない
   ウイルス性のもので、残りの1割ほどが
   抗生剤を必要とする細菌性のものだそうです。
   本来なら。



でも、毎回毎回、風邪を引くたびにお薬を
たくさんもらってたりしませんか?
特に、毎回毎回抗生剤を飲むことになると
気になります。


だって薬は無害ではない




のですから。
すべて、自分の肝臓使って
処理しなくちゃいけないんだから。
本当に必要な時に使われるべきじゃないのかな?
あまりにも抗生剤が使われすぎていることを
危惧する医師も、中にはいらっしゃって、



   コレでは抗生剤漬けに

なってしまう、とおっしゃっています。




実際、今の医療制度では、
いっぱい薬を出して、いっぱい検査をして、なおかつ
たくさんのヒトを診れば、儲かるようにできています。

つまり

診察で、普通の風邪か、細菌性の扁とうえんで
抗生剤が必要かを判断する。
普通の風邪なら「薬はひつようないよ、何でかというと・・」
と、説明をしてくれる。

こんな風に時間を掛けて診察し、丁寧に説明をし
なおかつ薬をださなかったとしたら・・・



   病院は儲からない


しくみになっています。おかしくない?

お医者さんに行って
「ああ、このくらいなら薬いらないよ。」なんて
なかなか言ってもらえない土台の上に
私たちはいるんですね〜。



だれの為の医療

なんでしょう?いったい。
やっぱり、狂った歯車が
ずっとずれて回っているように
狂った方向から戻れないほどづれてるんじゃない?
日本の医療って。







私も子供を受診させて、(いつもと違う先生のところで)

「ああ、ただの風邪だとおもいますよ。
 時期に良くなるから大丈夫、抗生剤もだしておくから。」


   っテ、言われました。



「は?ただの風邪なら

  家は抗生剤は飲ませませんが」






   と、答えたら

「あ、ああ、お母さんがわかっているかたなら、
 いいんですよ。
 風邪には効きませんから。
  でも、欲しがる場合が多いので・・・
 じゃ、抗生剤は出さないどきますから。」



    だって。





なんですと〜?




私がこだわりすぎてるの?
でも、やっぱり、薬は毒物でもあるわけだから
最小限に、必要な時だけ使いたいし、
こどもの体に入れるものだから
慎重になってしまいます。


皆さんの周りには
どんな先生がいらっしゃいますか?




文句ばかり言ってると、ランキングも落ちちゃうかな??
banner_04.gif
この記事へのコメント
ピンキーママさん おつかれさまです(^-^

前回からの記事、
大変興味深く拝見しています!

知り合いのお医者さまは
家族に薬は飲ませないとおっしゃいます。
「副作用の恐ろしさを知っているから」と。

ピンキーママさんの
勇気ある記述
またまた涙なくして読めませんよ〜(ノ-`゚)

感謝です!ありがとう。。。

応援ぽーち
みゅー
ピンキーママさん、こんにちは。抗生物質の使いすぎを、話には聞いていましたが、実際にナースのピンキーママさんから聞くと、すごく身近な問題として感じられますね。怖いことですね。何か私たちは大きな間違いに気付かずにいるんじゃないでしょうか?応援p!
フリーダム
 わかります、わかります。
ちょっと鼻水がでた〜と医者にかかり、
た〜んと薬をもらい、症状がなくなるまで
飲ませ続ける。あるイミ薬づけ。
 

 受診して「薬も出なかった」という
 ことを安心ととるか、
 「薬もださない、ダメな医者」と
 とらえるか、これは大きな違いですよね

  検査・薬づけにした医療界、
 製薬会社等の経営至上主義の結果、基金は
 パンク寸前、結局保険料、窓口負担増。
 ようやく食育だの、メタボだの、
 自己健康管理、予防の大切さ、
 言い出しているという気がします。

  収入なくしては生活できないけど
 金儲けに走りすぎて、本来もつべき
 職務倫理が少し欠けているところが、
 経営者兼医療従事者の方には多い気が
 します。  

  
 おっと熱くコメントしちゃいましたね、
 いつも長々とすみません。
 気合をいれて応援しま〜すw 
 
 
まさ
みぃ&ひぃの かかりつけ医は
子供の事故防止の分野で
有名な方でテレビ&新聞に
たびたび出ている先生なんですが、
結構 じっくり診てくれて、そして抗生剤は
まだ一度も処方されたことないです。

お母さんの中には 薬をいっぱい出してもらって
安心してる人も いますもんね。
ピンキーママさんの記事は本当に勉強になります。
一人でも多くの人に読んでもらいたいです。
応援ぽち☆
よっぴー
え〜〜〜っ!!抗生剤って風邪に効かないの??
がっかりです。だって、抗生剤って副作用が
すごくないですか?体にブツブツがでたり体
がだるくなったり。それでも元気になりたく
て飲むんですよね薬って。
子供たちが熱を出す度に「お薬のためにキチ
ンとご飯を食べなさい。」と言ってきた私。
知らないって恐いことです。
応援ポチ
guriママ
え〜〜〜っ!!抗生剤って風邪に効かないんの??がっかりです。だって、抗生剤って副作用がすごくないですか?体にブツブツがでたり体がだるくなったり。それでも元気になりたくて飲むんですよね薬って。
子供たちが熱を出すと「お薬のためにキチンとご飯を食べなさい。」と言ってきた私。
知らないって恐いことです。
応援ポチ
guriママ
ピンキーママさん、こんばんわ。
私は薬はよくないのは、理解してはいるのですが、結局早く飲まないとこじらせて、薬のお世話になってしまい、薬を飲むと、とたんに「治ったわん!柱|-^)v」と思い込みの人生蘭太郎でした。
なさけな〜い。(/・ω・\) ハズカシイ♪
蘭太郎
みゅーさんへ、

私も看護師だけど、お薬嫌いです^^

添加物たっぷりの食品会社の社長さんが
自社の食品に手を付けないのと
似ていますよね。
しっかり知らなければいけないこと、
ほかにもたくさんあるんだろうな。

みゅーさん、コメントしづらい重い
記事にも、温かいコメントありがとう
ございます。
ピンキーママ
フリーダムさんへ、

なぜか、大切な情報なのに
ぜんぜん浸透していないことありますよね。
他がためを思う気持ちよりも
利害を追求した結果でしょうか?
ピンキーママ
まささんへ、


本当に同感です。
薬剤師さんの貴重なご意見、本当に
ありがとうございます。

薬剤師さんも、先生の処方に


「え?」

と思うことも、実際あるのではないかと
思います。
乱用されるお薬に
新たな病気を生まないのか
心配になってしまいます。高齢者は
10種類以上のお薬を常用されて
いたりしますし・・・・・。

貴重なご意見、感謝です。
ピンキーママ
よっぴーさんへ、


なんて素敵な先生でしょう!!
私、大好きです。お薬くれない先生。
じっくり診察し、必要かどうか
見極めていらっしゃるんでしょうね。
姫と王子をよく診てもらう先生も
似ています。
よっぽどのことがなければ
抗生剤は出ません。とても信頼して
います。よっぴーさんも、きっと
その先生と波長が合うのでしょうね。
中には薬が出ないと不親切に思う方も
いらっしゃるのが現実ですから。

素敵な先生がかかりつけで安心ですね。
ピンキーママ
guriママさんへ、


まことに残念ながら・・・・
ただの風邪は抗生剤ではなく
自分の免疫で治しています。
ウイルスには抗生剤は効かないのです。
 でも、
少しでも栄養を付けたり
よくなるように願いを込めて
看病するguriママの気持ちが
お子さんを癒してきたのかも
しれません^^
お薬の副作用は心配ですが
使わなければいけない場合も
あるので、上手に付き合っていく
ことが大事なのかもしれませんね。
んー、むづかしい!
コメント、ありがとうございます。
ピンキーママ
今日は応援だけでごめんなさい^^;
応援ぽち!!
ユッピー
こんばんは!
いつもためになる記事をありがとう!

私のような医療素人の母には、医療についてふつうに思っていたことと現実がこんなにも違うのかと思い知らされています。

これからもいろいろ書いてください。
応援ぽちん☆
ちょっとリトル
(;^_^A アセアセ

いやぁ・・・こんな裏話があるとは・・。
うーん・・・日本の医療をなんとかしてほしいですね。
taakee
そうそう、「ただの風邪」なら安静・栄養・加湿で十分。
母親が看護師だと、いやな顔する医師多いですよね。
本当に日本の医療の仕組みはおかしい!!!
ななまま
うちは、実体験から、抗生剤ストップしました。薬飲めばいいと言うわけでもないと感じています。薬ばかりに頼りすぎていると肝心なことに気づかないでいるような気がします。☆応援ぽち
沙葡李
 薬は無害ではない。確かにそう思います。私も小さい頃は熱が出ない限り病院には行きませんでした。今でも何とか自分の力で治そうと思っています。人間にはもともと免疫という力があるので、薬に頼ると弱ってしまうって思います。
 はるやこうも熱が高かったり、咳が止まらないような場合ではない限り病院にはいかないです。私はおじいちゃん先生と若いドクターのいる病院のどちらかに行くんですが、おじいちゃん先生は咳止めや鼻水を止める薬をくれます。←これもあまり使いすぎるのはいけないですよね? 若いドクターははとにかくたくさんの薬を下さいます。多いときは4種類くらい…。抗生剤は毎回入っています。

 どちらにしても私には知識があるわけではないので、医師の指示通りにしています。
ゆんぴい
確かに風邪に効く薬はないと彼らは勉強しています。しかし患者が干しおがるからだ巣ということが多いのでそうなっているのが現状です。私は、そうならば私はくスリはいりませんとはっきり言いますよ〜
それでもなおかつ薬をくれようとしたら、戦いますけどね〜
でも結構引き下がりますよ〜
僕も本当は必要ないとは思うよ〜とか言ってくれます〜(笑)
tamirin
こんばんは!
応援ぽちん☆していきます。
ちょっとリトル
お久しぶりです
雪囲いに追われて、ご無沙汰してしまいました^^;

私たちは農家ゆえ、いろんな野菜を育てています。
そこで思うのは、農薬の使いすぎ、です。

自然の中には、いろんな生き物たちが助け合ったり、ぶつかりあったりしながら、生きています。
その環の中で、野菜たちも生命力を発揮すれば、虫や病気にも強いんです。

でも、いまの農業は「手間をかけたくないから」と、農薬を振りまくんです(そういう畑で人が居るのは、農薬播きのとき&収穫のとき、くらいです^^;

そんな様子を「農薬無くても、生命力で乗り切れるのに」と、悲しく見てしまいます。

私たちも強い薬でなくとも、頑張れるチカラがあると思うのですが。。

また、お伺いさせてください^^)
どんぐりぐり
ユッピーさんへ、

お忙しい中
立ち寄っていただき、いつもありがとうございます。




ちょっとリトルさんへ、

隠されていること、隠さないまでも
あえて、大きく伝わらないことが
気になる私です。
気づいたことがあったら
また書きたいと思います。





taakeeさんへ、

どこの業界でも、裏ってあるんでしょうね、こわ〜〜い!



ななままさんへ、

確かに確かに・・
私は自分がナースであることを
初めて行くような病院では
黙っています。
じっくり患者の目で
医師を見てきます。嫌な患者様です。




沙萄李さんへ、

本当にそう思います。
肝心なことは置き去りに
薬飲めば大丈夫・・・というのは
自分の体の声を
利いていないような気が・・・・?





ゆんぴいさんへ、

先生によって
年代によっても、治療に違いが
ありますね。
ママの信頼の置けると思える
先生が一番良いとは思いますが、
?があったときは、先生に
疑問をぶつけても良いと思います。
それで嫌な顔をするのでなく
丁寧に不安や疑問に答えて
下さる先生が、いいのかな〜と、
思います。遠慮してしまう方が
多いように思います。
自然治癒力、私も大切だな〜と
思っています。



tamirinさんへ、


あははは、tamirunさんはっきりしてる^^
先生方もわかっているけど
出さなきゃいけないようなところも
あるのですね。





どんぐりぐりさんへ、

かなしいことですよね。
お肉は抗生剤漬け
野菜は農薬付け
食品は添加物付け
人間は薬漬けでは・・・・

生き物の生きる力は
どんどん
失われていくのでしょうか・・?
ピンキーママ
2日間風邪で寝込んでたので、
過去記事にはコメントしないつもりだったのですが…

我が家では風邪では、医者にかかりません。
「梅エキス」なめて、寝る、寝る、寝る。
食べるのも最小限。

病院に行くのは、
出席停止になる病気だけ。
治癒証明書が必要だから〜。
お薬いただいても、飲まないことも。

が、しかし昨年、
幼稚園入園一週間前に子どもがインフルエンザに罹った時には、
ついタミフルを飲ませてしまいました。
様子がおかしくなって、本当に怖かった。
やっぱり薬は飲ませない!って思いました。
春花
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック


■ご褒美ディズニー■

夢の続きはホテルでみたい

■楽天市場■

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。