訪問看護であったかナ〜ス☆看護師の転職ならメドフィット
【PR】ナースフルで高給与、好条件の看護師求人を探す

看護、医療

知って欲しい現実

ななのつぶやき」というブログを書かれている、

産婦人科医なな先生の友人医師が勤務中に亡くなられました。

まずはその先生のご冥福をお祈りさせていただきます。

今回は「健康、病気なし、医者いらず」のDr.I先生の呼びかけに賛同し、記事をかかせていただきました。






以下は、なな先生の記事の引用です。
どうか読んでください。

医師として、尊い仕事を
懸命に前線で踏ん張っている方々の
過酷な現状がひしひしと伝わってきます。
まじめに、ひたむきに頑張る方が
このようなことに・・・・・。

こういった現状はどうしたら改善されるのでしょうか…?





犠牲
身近な医者を、2人亡くしています。



一人は約10年前。

当時30代の、先輩医師です。

研究に、臨床に、非常に忙しくなさっていました。

たまにご連絡を下さる時は、決まって深夜2時3時のメールでした。

学生時代は体育会でご活躍された先生で、

人間?と思いたくなるようなタフさと、ひょうひょうとした笑顔を併せ持った

爽やかな先生でした。

大学病院勤務時代の夏、当時研修医だった私たちを集めて

ナイター見物に連れて行って下さったことがありました。

外野席で、ビールを飲みながらハンバーガーとポテトをほお張って

みんなでひゃあひゃあ言っていたら、

先輩だけ眠ってしまったのを、今でも覚えています。



その日も、病院で夜遅くまでお仕事をなさっていました。

術後の患者さんが落ち着くのを見届けた後、

0時過ぎから論文の添削を始めたところまでは、他の医師が見ていました。

翌朝、出勤してきた同僚医師が、医局で倒れている先生を見つけた時には

既にお亡くなりになっていたそうです。



葬儀には、婚約者の女性は出て来ることができなかったと、

後で聞きました。



今度は、友人医師を亡くしました。

彼女も、30代です。



同じ職場の上級医師が、過労でその病院に入院中でした。

元々、一人が過労になるような労働環境ですから、

多くをお話しする必要はないでしょう。

一人が入院・休職しても、現在の医療事情では代替要員は派遣されませんので、

残ったドクターたちは、目も当てられない忙しさでした。

緊急opeのある科の医師で、毎日遅くまでopeをした上に、

夜中も容赦なく呼び出されていました。

「過労だけは気をつけようね。壊れる前に、逃げようね」

と、お互い言い合っていたのに・・・



その日、彼女は当直でした。

翌朝、交代で当直に来た若い先生が当直室に入ると

彼女は机にうつ伏せになった状態で、亡くなっていたそうです。

大きな悲鳴を聞いて、一番に駆けつけた人が

何と過労で入院中の、彼女の上級医師でした。

その先生は、自分が休職したからだと自分を激しく責め、

入院先も変えた上に、退職されてしまいました。

残った同じ科の先生たちも、全員がご自分を責め続けています。





二度と犠牲者を出したくありません。

どうしたらいいでしょう。(ななのつぶやきより)



これを読んでいると、なな先生の悲しみが
押し寄せてきてきます。
同時に、やるせなさ、怒りで心がいっぱいになります。




この先生方は、何も悪いことしてませんよね。
私自身、懸命にお仕事なさる先生方を
ずっとそばで見てきました。
看護師も忙しいし過酷ですが、
医師はその比ではありません。

小児科医、外科医の先生とは
一緒にお仕事させていただく機会が
多かったけど
どちらも、とても人の労働とは思えません。

ドクターって
お金持ちで、ステータスがあって
偉そうで・・・・なんて思う方いらっしゃいますか?
少なくとも、私の見てきた先生方は
ぜんぜん華やかでもないし
ひたすら
「えらいな・・・。」「大変だな」


そんな印象を受けました。
当直は普通に朝から晩まで働いた後、そのまま
一晩お仕事です。そして、翌朝からまた、というか

ぶっ続け


でお仕事です。
救急外来を行いながら、重症の入院患者のことで
しょっちゅう病棟からも連絡が。
450人の患者と救急外来、そして、
時には緊急手術まであるのですから
当直医は休む暇もほとんどなし。

夜中に入った心臓の手術が翌朝までかかり、
そのまま予定の心臓の手術を朝から行う・・・なんて
ことを、(先生は前日からずっと仕事しているわけで)
目のあたりにしていますので
この記事を読んだ時、
リアルにそんな記憶がフィードバックしてきました。




先生方は良い医療を提供したい。
安全な医療を行いたい。
もちろん私たちナースだって、そう思っています。
だけどだけど、
現実は
そうさせない制度になっているんです。
事故の起こる環境をつくっておきながら、
医療事故が起これば、責任は、その医師に取らせる。
切り捨てる。
国も、責任は取らない、切り捨てていく。

がんばってがんばって、そんな中でも精一杯
与えられた仕事を頑張る方は

こんな形で命を失っていく。





こんな犠牲がどれだけあるのか。
ワイドショーでは政治家の汚職に
おんなじことを何度も何度も繰り返すくせに
このような

  犠牲には


ほとんどその裏をたどることすらしていない。
この国のやっていること、
この国の医療制度はもはや泥沼か?


    と思います。明日に続く・・・・・

憤慨のピンキーママでした・・・・
banner_04.gif





この記事へのコメント
こんばんは!
今日のお話はあまりにも重い大きい
問題でなんとコメントしていいのか
分かりません。
考え続けています。
応援ポチッ☆
ちょっとリトル
ピンキママさん、お医者さんが皆そのような大変な環境でのお仕事とは知りませんでした。
大きな、政治の変革が必要ですね。
ありがとうございました。
蘭太郎
 ピンキーママさんのこの文章を読むまで、私も医師に対しての誤解が少なからずあったように思います。小さい病院でも、診察時間は12時まで、昼は4時からなんていってますが、実際には朝の診察が1時過ぎまでかかり、緊急で来る方もいる。診察にはとても神経がいりますし、体力もいる。大きい病院の医師は、「診察は2・3分のくせに待ち時間は2・3時間。」なんて文句を言われる。私もそう思ったことがあるので、申し訳なく思います。実際に多くの人が押し寄せる病院において1人に時間をかけていたら多くの人を診察することは出来ないんですよね。先生方は診察途中でも手術に入らないといけないこともあるようですし。
 本当に、政治の汚職の前に伝えたい現実は多いですよね。
 お2人のご冥福をお祈りいたします。これからもピンキーママさんのブログから私達の知らない現実を教えていただきたいです。1人でも多くの人にこの声が届きますように。
ゆんぴい
世間では過酷勤務体制により
過労死とされてきた患者さん達を
診てこられたお医者さまでさえ
同じような状況であったなんて...

ピンキーママさんの声を聴くまでは
私も思ってもみないことでした。

何を...どこから...
どうしていけばいいのか,,,

長い時代を経て積み重なった現実なのでしょうね。

政治はもちろん、
企業ひとうひとつ、
私達個人個人が変わらないと
いけない時代かも知れませんね。

応援していきます。


みゅー
確かに、現実はピンキーママさんのおっしゃるとおりです。

うちの病院は、大学の医局と開業医の連携で、休日と夜間の「医者のいない時間」をフォローしている病院です。

本当に緊急の患者さんのための病院なのですが、「あまり緊急でない」患者さんもこられ、「コンビ二化」しているのが現状です。救急車の問題もしかりですね。

職員は疲労困憊して質のよい医療サービスを提供することが難しくなってきています。

特に医師不足による医師の過労は深刻です。
「先生、明日も大学に帰ったらそのまま外来でしょ?」と聞くと
「うん、午後は手術が2例、そしてまた当直」
と言います。

夜間、少しでも眠れますように…と祈っていても、患者さんがわんさかきて、ほとんど眠れないのが現状です。
近い将来、ここも、ドクター不足で小児科は閉鎖されるでしょう…

少子化といっても、子供はいるんです。
どうして、この苦しい現実を改善してはくれないのでしょうか…。
一個
そうなんですよね。私が日々イラついているような医師もいれば・・・こんなに働いている医師もいる。医療界全体が何かおかしいですよね。

以前に勤務していた大きめの病院では、一番若いグループの医師たちの休日は、年間で1日とか2日でした。「体が持たない。」ってよく言ってました。

複雑ですよね。
色んな意味で。
ななまま
ピンキーママさん、

なんてコメントしていいのか、わかりません。

でも、この先生方のお陰で、命が助かった方は何人もいると思います。

励まされた方も何人もいるでしょうね。





HIRO
すごく悲しいです・・・
なんて言っていいのか分からないです

怒りも感じます・・・
でも、言葉が出てこないです><

応援ポチっと〜凸★
みぃ
テレビのドキュメンタリー番組で
医師の、食事の時間もとれず、仮眠も ままならない状況を
見たことがありますが、実際は それよりもっと過酷な状況な中、ハードなお仕事をされているのですね…。
ピンキーママさんの声が1人でも多くの人に届きますように。。。
ご冥福を お祈りいたします。
よっぴー
企業も生産性をあげるために人を減らして働き手に無理を強いてますが、医師はそれ以上ですよね…
             テレビの特集等でも過酷な現状を目にする機会はありましたが、なな先生の言葉がより過酷な状況が伝わってきます。亡くなられた先生達の死を無駄にしないためにも、国もそうですが、私達も安易に病院へって発想を変える時が来ているのでは、と思います…     
御冥福をお祈り申し上げます。
peachjun
お悔やみ申し上げます。
私のお客様でT大学病院の産婦人科の先生が
いますが、かなりハードで、
しかもマックの時給だそうです。。。
tamirin
こんばんは!
昨日からずっと考えていました。
私も怒りやむなしさばかりです。

でもまわりには、なな先生とは
全く違って自分を守ることが最優先の
お医者さんもいました。

ピンキーママさんの出会ってこられた
ドクター達はすばらしく、
責任感の強さゆえに倒れられた
なんとも悲しいことです。
ポチッ☆
ちょっとリトル
ピンキーママさん、こんばんは。悲しい現実ですね。悔しい現実でもありますね。近い将来アメリカのように国の手から医療制度が離れるんでしょうか?過労でぶっ倒れるほどの仕事で我々の健康が守られているとしたら・・・その犠牲にどうやって答えればいいのでしょうか?ご冥福をお祈りします。本当にありがとうございました、お疲れ様でした。今は、ただただゆっくりとお休みください。
フリーダム
命を守る現場ではまさに医師の方々が自分の身を削って患者さんに接しているんですね。

普段は診察の時しか見ない医師の方々ですが、裏ではそんな大きな苦労と向き合っての診察・・・まさに頭が下がります。

この問題に関しては、私はあまりにも無力で何もしてあげることができません。強いて言うなら病気にならない強い体を作ることでしょうか・・・。

PS:応援ポチ!_ρ゛(・・ ) ポチッ
taakee
 おはようございます。世間一般の
方々の医師に対するイメ−ジは、
メディアを通じて多少かわったかも
知れません。いわゆる「お医者様」という
ものです。入院したり、救急に行ったり、
病棟を知ることでその大変さが本当に
身近に伝わると思います。

 たとえ過労で体調崩しても
「医師なんだから、自己管理はできるだろう」なんていう声も心外にもあるでしょう。薬剤師もしかりです。

 小児科医、産科医、地方の医師の不足は現状を知る医師たちの自己防御に見えます。
これは早急に労働環境を変えるところから
打開すべきでしょう。

 志半ばして命を落とされた方のご冥福を
心よりお祈りします。

 医療に携わる人々の声が届く社会に
ならないと、やがて保険制度が崩れ
医療をお金で買う時代になる気がして
コワイです。すばらしい記事をありがとうございます。

 応援 
 
まさ
☆応援ぽちです。昨日も今日も時間切れ。。。
沙葡李
ドクターも人間、神様じゃありませんよね。
こういう現状を少しでも多くの人に知って
もらえるようにピンキーママさんも
ブログでどんどん記事にしていったら
いいと思いますよ〜。

応援ポチ★
ぎゅみ
コメントいただきありがとうございました。


ちょっとリトルさんへ、

そうですね、医師にも色々な方がいらっしゃるのは事実ですね。
だれでも、良い医療を受けたい、良い先生に診てもらいたいと思いますよね。
患者自身も、見る目を持たなければ
いけないのかもしれませんね。




蘭太郎さんへ、

医療の問題は医療だけでなく
社会全体の大きな問題を抱えていますよね。本当に難しいな・・・・と思います。





ゆんぴいさんへ、

本当に厳しい現実です。
医師たちが過酷な勤務を強いられる。
医療を受ける側は十分な良い医療を受けられない。
どちらにもいいことなさそな現状・・・。
どうなってしまうのか、と思います。




みゅーさんへ、

本当にどうかしてる世の中ですよね。
もっとゆっくり病気を治すことができる
時間のゆとりもありません。みんな、
風邪を引く暇もないというのか・・・
で、ちょっと調子が悪いと
病院で薬をもらって治そうと
思いますよね。
本とは薬がいらない場合も多いけど、
仕事が休めない、熱をさげないと
保育園にいかれない、主婦は倒れる暇もない・・・・。
私も含めてですが・・・・。
でもね、ほんとうは、風邪なんかは
風邪に効く薬ってないんですよね。
お家でゆっくりするのが一番!!
   って、思っています。
子供が熱出しても、仕事を休めない
世の中が、何とかならないものかな・・・と思ってみたり。これも色々な意見があると思いますが。





一個さんへ、

同じような状況でした。
日勤、そのまま当直、翌日も
普通に日勤、そして帰れるかと思いきや
受け持ち患者の急変、やら、で
ずっと病院にいるような状況。
それを見るにつけ、身内にはやって欲しくない仕事だな・・・・と思う
ナースも多かったです。
小児科閉鎖・・・なんて
医療に儲け主義いれてどうするの?
って話ですよね。
この国が、採算取れないところを
潰していくんですから。
なんて、貧しいことなんだろうと悲しくなります。




ななままさんへ、

ほんと、摩訶不思議ですよね。
若い先生たち、生きることができないくらいのお給料で休みなし。
え?なんで?っておもいますよね。
だから、アルバイトとかせざるを得ない。
経験の少ない医師がアルバイトで夜の
医療提供者になる。
夜中に具合が悪くなったヒトは
そのような若い医師に診察されることが
多いのでは?
それってどうなのかな〜?
悪循環サイクルがぐるぐる回っているように思ってしまいます。






HIROさんへ、

このようなことはまだまだたくさんあるんですよ。残念ながら。
胸が痛みます・・・。





みいさんへ、

そうですね、難しい問題、現実ですよね。
私も、どうしたらそういうことってなくなるの?って考えてもさっぱり答えなど出てきません・・・。



よっぴーさんへ、


そうなんですよ。
食べる、眠る時間もないのは
さることながら、
プラス極度の緊張だったりします。
急患が来ると・・・。
ストレスの大きな仕事だと思います。
でも、一生懸命自分の医療を
追求していく先生方を見ると
尊敬しちゃいます。




peachjunさんへ、


安易に病院・・というよりは
ゆっくり休める世の中ならな・・・
と思ってみたり。
特にこどもたちなんかは
何度も風邪をひいて、
自分の免疫を鍛えないといけないと
思うんですよね。ちょっと鼻が出ると
薬、咳が出ると薬、熱は薬で下げて
保育園へって(自分にも経験が・・・)
本当に
必要なのかな?こどもにいいこと
あるのかな?って考えたりします。
スローなペースを許さない世の中が
ちょっと寂しいな。



tamirinさんへ、


大きなストレスを抱えた先生方も、
tamirinさんのマッサージで
よみがえっていくのですね・・・・。
先生にとって、なくてはならない
tamirinさんですね。



ピンキーママ
フリーダムさんへ、

そうですね。
危機迫るものがありますね。
少し前までは、浮浪者であっても救急車で
運ばれてくれば国公立の病院では
きちんと見てくれて手術までしていました。でも、独立採算制になっていきますから、お金がなければ必要な手術もできなく
なってくるでしょうね・・・。
益々格差はひろがりばかりです・・・。




taakeeさんへ、


ほんとうにそうかもしれません。
病気にならないような生活
送りたいですね〜^^


まささんへ、

まさに医療をお金で買う時代は
近いと思いませんか?
大体医療に儲け儲けを求めてくる
って、おかしいんじゃないの?
と思います。たくさん薬を出して
たくさん検査をだして、話はたくさんしないほうが利益が上がるっていうのも
納得できません。コレでいい医療が
行われるはずないような制度に
なってるな・と思っています。



ぎゅみさんへ、


そうですね、
新聞では伝わらない
テレビでは絶対言わない情報って
あるんですよね・・・。
今回も、たくさんのヒトに
現実を知って欲しいと思いました。
ピンキーママ
昨日来られなかったので、
いま、読ませていただきました。

医師の方々が、
こんな過酷な勤務をされているとは、
知りませんでした。
もう、言葉もありません。
ご冥福をお祈りいたします。

ピンキーママさんも、お体にはお気をつけ下さいね。ぽち
春花
遅くなりました

ピンキーママさんの記事を読んで
医師という仕事の外側だけを見ていたことに反省しました。
それほどまでに過酷な勤務状況だったとは
とても驚いています

安らかにおやすみください・・。
ポチ
guriママ
医者の友だちがいますので、過酷な仕事であることは知っていました。ニュージーランドでは良い待遇を求めて医者の海外流出が問題にもなっています。ご冥福をお祈りします。
応援ポチ
キウイママ
こんにちは^^

ピンキーママさんは大丈夫ですか?
ちょっと心配になって・・・

応援ポチっと〜凸☆彡
みぃ
応援していきます。☆ぽち
沙葡李
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/69180166
この記事へのトラックバック


■ご褒美ディズニー■

夢の続きはホテルでみたい

■楽天市場■

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。