訪問看護であったかナ〜ス☆看護師の転職ならメドフィット
【PR】ナースフルで高給与、好条件の看護師求人を探す

日記

ドリンクバーが心を壊す、ドキッ

ネットの中で偶然出会う記事の中に、
とっても考えさせられちゃうことがあります。
時々。

自分の体や子供の体は、日々食べるもの、飲むもの、
空気、様々な要素で作られています。
だから、食事の習慣、質、量、を変えると
確実に体も変わっていくのです。

また、食べ物、飲み物で心も変わっていくことがあるのです。




今日はちょっとドキッとした、ドリンクバーについて書かれ記事を
紹介したいと思います。
メルマガでいただいたのですが、

以下、
薬剤師が教える!薬に頼らないうつ予防法を
伝えられている上田美穂様の記事からの引用です。



あなたは ファミリーレストランで ドリンクバーを利用しますか?
私は、決して利用しません。 特にジュース類はほとんど飲みません。
私は、ドリンクバーは 日本人みんなを病気にするための
誰かの陰謀じゃないかとさえ思っています。



それはなぜか
それは、血糖値の変動が 大きく精神の状態に影響するからです。
人間は ご飯をたべれば血糖値が上がります。
脳は糖分と酸素がないと動きません。
脳だけでなく、他の細胞も糖をエネルギーとして使います。
そして、それを燃やすためには酸素がいるんです。



だから、人間が生きていくためには 糖と酸素はとても大事なんですね。
だからこそ、身体は 糖を一定の状態に保つシステムを持っているんですね。
血液内の糖分が多くなりすぎたら下げる、低くなりすぎたら上げる すごいシステムが働いています。
ジュースなど すぐに腸から吸収されて 一気に血糖値を上昇させてしまうようなものをとると、身体は「うおー、血糖さげなくちゃ」と これまた 一気に血糖をさげようと努力するわけです。
そして、血糖が下がり過ぎると また 身体は血糖を上げようとする。


その時、アドレナリンといって 人間が攻撃したり 
一生懸命、活動するときにでるホルモンを、泌して、血糖をあげるんです。
そのアドレナリンが キレる 眠れない などの症状を起こしてしまうんです。
動悸もそうですね。 アドレナリンが引き起こすのです。
パニックになるのも アドレナリンが影響しているのです。


「飲まなきゃ損」とドリンクバーで ガンガン ジュースのんでいたら
 身体はいったいどうなってしまうんでしょう?



そして、あなたの心はどうなってしまうんでしょう?




血糖の変動によって、色々な精神症状がでるのは個人差があります
。だから、病気と診断されてしまう人と、別に何事もなくすごしている人がいるんです。
でも、もし 色々な症状がでているなら あなたは 自分の食生活を見直すチャンスです。
ペットボトルのジュースばかり飲んでいませんか? 
ドリンクバーで ジュースを沢山のんでませんか?
甘い菓子パン。 甘いお菓子類。 白砂糖 。 お酒 いっぱい摂っていませんか?



どれも、血糖値を大きく変動させるのです。


以上 
上田様の記事を引用させていただきました。





私、自然食、マクロビなどを勉強してるんですが、そこで、
まず白いお砂糖はNG,ということを学びます。
精製されたお砂糖は添加物だ、と言い切る方もいるくらい。
栄養素がなく、血糖を一気に上昇させるからなんですが、
皆様のおうちのお砂糖は白いですか?

精製されたお砂糖ですら血糖値の上昇が心配されるのに、
ジュースなどにたくさん入っているブドウ糖液って、
体に入るとどうなるか・・・・


超ハイスピードで体に取り込まれ、
一気に血糖を上昇。インシュリンをどかどか分泌して
この異常事態を収めようと体がどんどんインシュリンを
出させる。一気に血糖を下げて低血糖に・・・・・。
これを繰り返すと膵臓が疲れ果てインシュリン出しにくくなります。
そうすると血統下げられず糖尿病のリスクファクターに。

そもそも、人類の歴史で、一気にブドウ糖が体に入るなんて
ことは、ごく最近のことであり、ホモサピエンス人族、である
私たちの進化は、それを処理できるところまで
追いついていない、そんな印象を受けてしまいます。
まして、、下がりすぎた血糖を再び上昇、アドレナリン出しながら・・
って、恐いですよね。
きれやすい、集中できない、無気力。

陰謀・・・・とまでは思いませんが
もしかすと、これら、ドリンクバーが心を壊してるの?


ってこともある?
飲まなきゃ損、で、コーラ、ジュース、がぶがぶいっちゃう
のは、長い目で見たらドリンクバーショック??になりゃしないか?




ちなみに私は、子供たちには、ジュース飲むなら一杯にしてね。
おかわりするなら、ハーブティーとかお茶にするようにね、
って声はかけています。
サッカーに持っていく水筒も、スポーツ飲料を入れるけれど、
ブドウ糖液でなく、果糖を使ったスポーツドリンクの粉を
半分濃度で作っています。小さなことだけど、体質、遺伝要素を
考えると、糖尿病のリスクを回避したいので微々たる努力です。



繰り返しますが、こどもの体も私の体も、間違えなく体に入ったもので
作られます。
だから、食べるもので病気になりにくい体つくり、
これが私の最大の関心ごとなのです。





■ランキングに参加してます!いつもオーエンありがとうです。1クリックうれしいです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

看護、医療

皮膚についての伝達講習

昨日の続き


今日の勉強会のお題は、まず
皮膚について。




皮膚の構造、機能、皮疹の見方などなど、
学ぶことはもりだくさん。


スキンケアのところで、気になったところはここ。



オロナイン軟膏は界面活性剤により皮膚が黒ずんでくる。
 ドライスキンに使ってはいけない。


オロナインって、訪問する高齢者のおうちには高い頻度で
見かけます。そして、ちょっとした、切り傷やけど
なんかにちょんと手軽に塗ってしまいます。私。
まさにドライスキンの肌に、これっていけないんですね。
勉強になった。



ゲンタシン軟膏は現在ではほとんどの菌が耐性菌であり、
抗菌的役割は少ない。


ええ〜〜〜〜〜〜!!
これはショックだ。
だって、ゲンタシンってすごくよく処方される薬ですよね。
感染予防に、って抗生剤だから頻度高い軟膏ですよね。
軟膏にも耐性菌・・・。
複雑な菌と人の戦いは続く・・・・・。


褥瘡のケア、についても、新しい情報、学びの多い
勉強会だった。


担当のTナースお疲れ様でした。ありがとうございました。



■ランキングに参加してます!いつもオーエンありがとうです。1クリックうれしいです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

看護、医療

認知症の勉強会

さっきの続き。


今日の勉強会はもう一つテーマがあって
認知症の伝達講習でした。



認知症を学ぶセミナー金谷潔史先生の
セミナーの伝達講習です。


こちらで驚いたことは、認知症の治療は薬物、漢方
サプリメントで改善されるようになったが、
医師のほとんどがそれができないという現状。

なんと、認知症の専門医の少ないことか。
千葉県には11人しかいないという。
専門医がかかわると、症状の安定が
違うという。もっと専門医が必要な分野であることは
明ら香だな・・・・・・・と思う。

興味深かったのは、サプリメントの部分。

米ぬか脳活性食
フェルラ酸(ポリフェノールの一種で活性酸素の害を消去)

ガーデンアンゼリカ(神経細胞を新しく再生する作用)


が注目されているという。
かなり効果が上がっているというレポートも
ある。

フェルラ酸は米ぬかに。
ガーデンアンゼリカはハーブ。

玄米食のマクロビ推進派の私としては
改めて玄米のすごさを感じる。
また、アロマと通じるハーブ、
このハーブが認知にも良い影響があることが
ハーブの素晴らしさをまた感じる。


サプリメント、食品が堂々と治療の一端を担う、
そんな方向に向かっていくのかな、と感じる。

アロマ

マロウズハウスのトリートメント

今日は、炎天の中、朝からサッカーの試合を
観戦し声をからし、くたくたになりながら、
職場の勉強会に駆けつけました。

何とか間に合った〜〜〜。


今日の勉強会の前に、実は
アロマトリートメントに、マロウズハウス
セラピストさんたちが、癒しに来てくれていた。
訪問看護師全員がスペシャルハンドマッサージの施術を
受けたのです。
私は間に合いませんでしたが〜〜。残念。


ここのセラピストさんの中には、現役のナースや、
理学療法士さんや、歯科衛生士さんなど、
医療の分野で活躍されている方も多い。


マロウズハウスは私がアロマの勉強をさせてただいた
スクールです。
師匠の太田先生は「癒す人を癒す」とよくおっしゃっていて、
癒す人(私たち看護師さんやヘルパーさん、とか)
こそ、癒されることが必要と。

その通りと思う。
自分がつらすぎるときに人を癒すことは難しい。
アロマの香りやセラピストの手が肌に触れるひと時は
私にとって至極のひととき。
オイルトリートメントはスピリチュアルな癒しも
期待できるから、ミラクル。
やっぱり大好き。アロマな時間。



で、そのひと時には間に合わなかったけど、
勉強会には参加できた。続く。

日記

絵本読んでもらった

絵本にはとっても思い入れが深いんです、私。


自分も、本をたくさん与えられて育ってきたので、
絵本の世界が世界を広げてくっることを
なんとなく潜在意識に刻んでいます。



子供がまだまだ乳幼児のころ、正職員で働いていたので
本当に時間がなかった。
だから、全部手抜きでやり過ごしてきた。
洗濯、掃除、ご飯作り。

だから全部へたくそ。
ほめるとこなし。




でも、母乳育児と絵本の読み聞かせには
こだわった。
だから、ちょっとうまいよ、読み聞かせ。
褒めてもらってもいいかな?



で、昨日から息子と読み聞かせしあっている。
うかつにも、昨日は聞きながら寝てしまった。


今日は明るい月をながめながら
おやすみなさい、お月様
っていう本をよんでくれた。
結構うまいんだ、驚いた。

私からはブレーメンの音楽隊。
久しぶりに絵本音読したら芝居がかったセリフ
、こっぱずかしくて昔のようには読めないな〜、
って思ったけど、最終的にはノッテきた。


明日は


がらがらどんだ〜〜〜〜

(もちろんあれです、
有名な名作3匹のやぎのガラガラドンの一節)


って吠えてみたいな。





■ランキングに参加してます!いつもオーエンありがとうです。1クリックうれしいです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

タグ:絵本 子育て


■ご褒美ディズニー■

夢の続きはホテルでみたい

■楽天市場■

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。