訪問看護であったかナ〜ス☆看護師の転職ならメドフィット
【PR】ナースフルで高給与、好条件の看護師求人を探す

看護、医療

重症救急「拒否」1万4387人、都市部に集中

重症救急「拒否」1万4387人、都市部に集中…実態調査

◆重症患者受け入れ 「3回以上拒否」1万4000件

◆重症拒否10回以上が年1000件超

 これらは、(3月11日)、総務省が公表した「救急搬送における医療機関の受入状況等実態調査の結果について」に関する新聞各紙の記事のタイトルです。

 
この調査は、2007年の救急搬送の状況を都道府県別に調査し、その結果を集計したものです。新聞各紙の報道を見ると、前述のような「拒否」という言葉を使った報道が目に付きました。

 しかし、「拒否」のケースが皆無かどうかは分かりま せんが、その大半は「困難」であるはずです。実際、調査結果を見ると、受け入れに至らなかった理由は、「処置困難」(傷病者の症状に対処する設備・資器材がない、手術スタッフが不足しているなど)、「ベッド満床」、「手術中・患者対応中」、「専門外」などです。

 確かに患者さん側から見れば、軽症患者の安易な受診ではなく、この調査は「重症患者」が対象なので、搬送までに時間がかかるのは問題です。ただ「拒否」というのは、医療機関の一方的な都合で断ったという印象を与えかねません。十分な数の医師がいれば問題はないですが、手術中で医師が手一杯で、それでも重症患者を受け入れたら、いったいどうなるのでしょうか?




この記事は、m3.com 医療ニュースから引用
してまいりました。以前にも

  かわいそうなパンダ  




   や



断る側の・・・




で、少しお話していましたが、
以前は、

   たらいまわしという

表現を、そちこちで見かけたように思いますが
最近は受け入れ拒否、という言葉が、見出しを
飾っていますねふらふら



まだ新人だった頃、小児科病棟で
大晦日の夜勤をしたことがあります。
お正月をお家で迎えたい・・と、早めに
退院を希望される方もいて、日中10人も
退院したということで、10床の
空きベットがありました。



大晦日ということで当然開業医さんは
ほとんどお休み。
1晩で、あれよあれよと
救急搬送やら、かかりつけのお子さんやら



  10人が入院され



たった2人の看護師と、たった一人の小児科医は
お茶を飲むことも、座ることもなく、
40人の患者様(授乳あり、人工呼吸器装着アリ、
酸素テントあり、いずれも小児)を受け持ち、
家族の付き添いも基本的には出来ないという
方針上、不安だらけの状況下

奇跡的に

事故もなく、輝く初日の出の朝を
迎えようとしておりました。




  と、そこで電話が・・・・





「こどもが熱を出したんでみてくれ。」




って。本来、病棟に直接かかってくるはずのない
お電話。当然、さっき、10人目の患者様が
入院されて、ベットなし。
先生は1人だけで、呼吸器付けたばかりの子供に
今ついている。ナース2人は40人の患者様の
為に看護をしている。

この地域の決まりごとどおり
休日夜間救急を行っている診療所が
当番医制であるので、そちらに
いってください・・・・。


と、連絡先までお伝えしたところ



   ふざけんな、


あんな待たされるところにいけるかどんっ(衝撃)


うちは、お宅の病院の近くなんだexclamation×2








   と、怒鳴りつけられ、あげくのはてに、
  

 お前みたいな看護婦が事故を起こすんだ!!


診療拒否で訴えてやる〜〜〜〜!!





   と、すごまれ、一方的に電話を切られました。




  はっきり言って




  超ぶるーでした。


私たちのしたことは患者拒否なの
でしょうか。


私たちは、くたくたになるまで、出来うる限りの
患者様を受け入れ、事故を起こさないようにと
真剣に、張り詰めて、一生懸命一睡も、一服も
せずに、一口のお茶も飲めずに朝を向かえ
最後にいただいたのは、怒りのこもった
苦情。しかも罵声で。



医療者は、もう手が回らない、無理・・という時、
目の前の患者様を置いておいて、
新しい患者様を受け入れなければ
罪なのでしょうか?





   続く・・・・
今日のランキングお願いポチ☆
banner_04.gif





■ご褒美ディズニー■

夢の続きはホテルでみたい

■楽天市場■

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。