訪問看護であったかナ〜ス☆看護師の転職ならメドフィット
【PR】ナースフルで高給与、好条件の看護師求人を探す

日記

鋭い味覚を育てよう

ここのところ「食」について
色々と書いてきましたが、今日も
一言付け加えてみたいと思います。

先日、私のコントレックス(水)を飲んだ
姫が

「ママ、この水牛乳の味がするよ〜」


と、拒否したんですよ。
いわずと知れたコントレックス、
硬度が高くて、カタ〜い水、重い水
とかいうのは聞きますが



  ミルク味の水




とはね、良くぞ気がつきました!!あっぱれ?!




コントレックスには、カルシウムがたくさん含まれて
いて、授乳中のママにもおすすめだし
マグネシウムやそのほかのミネラルも豊富で、
便秘にもいいっていいますよね。
昔、若いころ、ケースで買って飲んでいましたよ。
自己満足揺れるハート←コレが大事

今、とっても安く手に入るんですね。
スーパーにおいてなかったんですよね、
昔は。今158円とかで、1.5リットル
手に入るのね〜!


で、久しぶりに買ってみたんですよわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)





姫は
そのカルシウムの味に気づいてしまったのでしょうか?
すごいなあーと、感心。


こどもの味覚ってするどいexclamation×2

そういえば、カルシウムではないんですが
私は小さい時から、練り物が大嫌い!でした。
ちくわ、はんぺん、さつま揚げ
魚肉ソーセージ等。
匂いだけでもだめ。
食べると吐いちゃうような子供でした。

でも、今思うと、もしかして
添加物に反応してたんじゃないの?
なんて、仮説を立ててみました。
だって、練り物って添加物ナンバー1,2
でしょう?
今は少しいいのかもしれませんが
昔の練り物って・・・・・
考えただけで気持ち悪いくらいの


   添加物練ってる



らしいじゃありませんか。



どろどろのくず肉に添加物入れてミートボール
に化かす。

100キロの豚肉にいろんな添加物水を
注射器で混入し、まぜ
130キロのハムができる。


おおおおお、おそろし!!
食品の裏側。









いろいろな面で知らないということの恐ろしさ
と、利便性を求めることのあさはかさを
思い知りました。
美しい健康を目指すには、まず、
知らないといけない食の危険性ですね。

そしてその食品添加物は
こどもの味覚をもうばってしまうというんですよね。
例えばグルタミン酸ナトリウムなど
加工食品、インスタント食品に
たくさん使われておりますが
いわゆる○の素・・・。
ちいさいころ、漬物なんかにも親は
ぱっぱと掛けていたっけな〜・・・・・・。
これ、人間の本来の味覚を奪っていくそうです。
味覚。大切な5感のひとつ。
インスタントの濃い味のほうがおいしい
そう感じてしまうようになるんだそうです。



健康美は正しい味覚から、ですね^^



食品についての怖いお話をひとつ。
数年前、手術室でオペの介助についていた時
外科医たちと、食の話で盛り上がった
ことがあるんですよ。
「最近さアッペ(盲腸)すくないよね〜」とDR
「そうですか?以前はもっと多かったの?」
と答える私。

何人かの先生がいろんな仮説を
語るんですが、と、ある先生が


「やっぱさ、あれ、肉を食うからジャン?
 牛も豚も鳥もさ、抗生剤漬けだからさ、
 薬飲まなくても、人間は抗生剤を
  乱用してるわけ。常に抗生剤食べてるから
 盲腸も炎症起こさないってわけよ。
 で、実際アッペになったらさ、耐性菌でき
 てるから、利く薬なくて超重症な盲腸。
 これが、俺の推理」











笑えませーーーんがく〜(落胆した顔)








あなたはどう思う?
ドキッとした方コチラをぽちっと。お願いします揺れるハート
banner_04.gif



■ご褒美ディズニー■

夢の続きはホテルでみたい

■楽天市場■

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。