訪問看護であったかナ〜ス☆看護師の転職ならメドフィット
【PR】ナースフルで高給与、好条件の看護師求人を探す

看護、医療

熱が出るということ・・FEVER!!

だいぶ前のことになりますが


お仕事中に電話がなって出てみると
若いママらしき人の声。


  「あの〜、聞きたいんですけど。
   うちの子熱が下がらないんですよ。


   熱さまし入れても



   入れてもすぐ上がっちゃうの。




   どうしたら熱が下がるんですか?」




  と、憔悴しきった様子で話されました。
  熱が出て、病院で解熱剤をもらって
  使ったけれど、また上がってしまう、
  だから、4,5時間おきにいれている・・・
  とのことで。



とても怖かったんだと思います。



 熱が上がると頭がやられちゃうと思っていた。
 熱は下げなければいけないと思っていた。
 初めてのことでどうしていいのか解らなかった。
 だれも相談相手がいなかった。



色々な背景がイメージできるけど、


   危ない現実



ではありませんか・・・。



   ウイルスなどの病原体が体に入ると
   人間は、自分の中枢で、
    熱を出すことを決めるそうです


  ちなみにインフルエンザは41度で死滅します。
  39度、40度で
  死滅しないまでも、高熱でよぼよぼになれば
  後は自分の体で抗体を作って、兵隊強化で
  やっつけやすくなるんでしょうね。


  人間は自分を殺すほどの高熱は自分の中枢に
  指令しませんから、あくまで


  ウイルス相手に戦闘態勢



   ってところでしょうか?
   すごいシステムですよね。




   でも、自分が子供の頃って38度を越えたら
   解熱剤を飲ませるように病院で言われていたそうで
   私は相当の解熱剤を飲んできていると思います。
   今思えば、体の指令に逆らって

  「熱でウイルスをやっつける!!」という
  自分の力を封じ込め不自然なことを
  してきたんだな、とつくづく思います。
  最近は熱を無理に下げることはない、と
  きちんと行ってくださるお医者様も増えていますが

   3年位前に、いつもと違う病院で
   熱誠痙攣の既往があることを伝えると

  「風邪ですね。でも、けいれんしちゃうといけないから
   ポンタール(今、子供に出すところってあるのかな?)
   1日3回飲んで」

   っなんていわれて



  超衝撃どんっ(衝撃)



を受けました。



    飲ませません、といったきりです。




   そこは内科小児科でしたが、
   小児科、こどもクリニックなどで
   解熱剤のことなどを相談すると


  基本的に下げる必要はない。
  どうしても頭痛がひどい、
  全く食べられない、全身状態が悪い時に
  1度くらい下げるような使い方がいい。
   という先生のお話を私はとても共感していて、
  ほとんど解熱剤を我が子に使ったことがありません。


  自分の中枢できめてるんだもの、
  無理に下げれば優秀な免疫機構を持つ人ならば
  免疫機能が誤作動を起こし

  「おかしいぞ、おかしいぞ、熱を上げろ〜〜!!」


  と、ますますFEVER UPしてしまうのでは??
  と考えます。



・・・・冒頭の若いママには

   解熱剤で下げても必要があってまた上がってしまうこと。
   熱で頭はおかしくならないこと。
   解熱剤は最低8時間はあけること。
   無理に使う必要はないこと
   水分はスプーンでもいいから、すこしづつなんとしても
   とりましょう・・・


     ETCお話させてもらいました。

    こどもが急にかんかんに熱を出す!!
    親にとってはいてもたっても・・・ですよね。
    どうしていいかわからない時、
    そばで「大丈夫よ〜子供は熱出して強くなるの!!」


  と、どーーんといってくれる人がいると
  少し気持ちがらくになるのかな・・・。
  どの年代も希薄な人間関係の結果、
  不安を募らせる方向へいっているような・・・。



解熱剤、どうしてますか?
banner_04.gif
   


■ご褒美ディズニー■

夢の続きはホテルでみたい

■楽天市場■

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。