訪問看護であったかナ〜ス☆看護師の転職ならメドフィット
【PR】ナースフルで高給与、好条件の看護師求人を探す

看護、医療

知って欲しい現実

ななのつぶやき」というブログを書かれている、

産婦人科医なな先生の友人医師が勤務中に亡くなられました。

まずはその先生のご冥福をお祈りさせていただきます。

今回は「健康、病気なし、医者いらず」のDr.I先生の呼びかけに賛同し、記事をかかせていただきました。






以下は、なな先生の記事の引用です。
どうか読んでください。

医師として、尊い仕事を
懸命に前線で踏ん張っている方々の
過酷な現状がひしひしと伝わってきます。
まじめに、ひたむきに頑張る方が
このようなことに・・・・・。

こういった現状はどうしたら改善されるのでしょうか…?





犠牲
身近な医者を、2人亡くしています。



一人は約10年前。

当時30代の、先輩医師です。

研究に、臨床に、非常に忙しくなさっていました。

たまにご連絡を下さる時は、決まって深夜2時3時のメールでした。

学生時代は体育会でご活躍された先生で、

人間?と思いたくなるようなタフさと、ひょうひょうとした笑顔を併せ持った

爽やかな先生でした。

大学病院勤務時代の夏、当時研修医だった私たちを集めて

ナイター見物に連れて行って下さったことがありました。

外野席で、ビールを飲みながらハンバーガーとポテトをほお張って

みんなでひゃあひゃあ言っていたら、

先輩だけ眠ってしまったのを、今でも覚えています。



その日も、病院で夜遅くまでお仕事をなさっていました。

術後の患者さんが落ち着くのを見届けた後、

0時過ぎから論文の添削を始めたところまでは、他の医師が見ていました。

翌朝、出勤してきた同僚医師が、医局で倒れている先生を見つけた時には

既にお亡くなりになっていたそうです。



葬儀には、婚約者の女性は出て来ることができなかったと、

後で聞きました。



今度は、友人医師を亡くしました。

彼女も、30代です。



同じ職場の上級医師が、過労でその病院に入院中でした。

元々、一人が過労になるような労働環境ですから、

多くをお話しする必要はないでしょう。

一人が入院・休職しても、現在の医療事情では代替要員は派遣されませんので、

残ったドクターたちは、目も当てられない忙しさでした。

緊急opeのある科の医師で、毎日遅くまでopeをした上に、

夜中も容赦なく呼び出されていました。

「過労だけは気をつけようね。壊れる前に、逃げようね」

と、お互い言い合っていたのに・・・



その日、彼女は当直でした。

翌朝、交代で当直に来た若い先生が当直室に入ると

彼女は机にうつ伏せになった状態で、亡くなっていたそうです。

大きな悲鳴を聞いて、一番に駆けつけた人が

何と過労で入院中の、彼女の上級医師でした。

その先生は、自分が休職したからだと自分を激しく責め、

入院先も変えた上に、退職されてしまいました。

残った同じ科の先生たちも、全員がご自分を責め続けています。





二度と犠牲者を出したくありません。

どうしたらいいでしょう。(ななのつぶやきより)



これを読んでいると、なな先生の悲しみが
押し寄せてきてきます。
同時に、やるせなさ、怒りで心がいっぱいになります。




この先生方は、何も悪いことしてませんよね。
私自身、懸命にお仕事なさる先生方を
ずっとそばで見てきました。
看護師も忙しいし過酷ですが、
医師はその比ではありません。

小児科医、外科医の先生とは
一緒にお仕事させていただく機会が
多かったけど
どちらも、とても人の労働とは思えません。

ドクターって
お金持ちで、ステータスがあって
偉そうで・・・・なんて思う方いらっしゃいますか?
少なくとも、私の見てきた先生方は
ぜんぜん華やかでもないし
ひたすら
「えらいな・・・。」「大変だな」


そんな印象を受けました。
当直は普通に朝から晩まで働いた後、そのまま
一晩お仕事です。そして、翌朝からまた、というか

ぶっ続け


でお仕事です。
救急外来を行いながら、重症の入院患者のことで
しょっちゅう病棟からも連絡が。
450人の患者と救急外来、そして、
時には緊急手術まであるのですから
当直医は休む暇もほとんどなし。

夜中に入った心臓の手術が翌朝までかかり、
そのまま予定の心臓の手術を朝から行う・・・なんて
ことを、(先生は前日からずっと仕事しているわけで)
目のあたりにしていますので
この記事を読んだ時、
リアルにそんな記憶がフィードバックしてきました。




先生方は良い医療を提供したい。
安全な医療を行いたい。
もちろん私たちナースだって、そう思っています。
だけどだけど、
現実は
そうさせない制度になっているんです。
事故の起こる環境をつくっておきながら、
医療事故が起これば、責任は、その医師に取らせる。
切り捨てる。
国も、責任は取らない、切り捨てていく。

がんばってがんばって、そんな中でも精一杯
与えられた仕事を頑張る方は

こんな形で命を失っていく。





こんな犠牲がどれだけあるのか。
ワイドショーでは政治家の汚職に
おんなじことを何度も何度も繰り返すくせに
このような

  犠牲には


ほとんどその裏をたどることすらしていない。
この国のやっていること、
この国の医療制度はもはや泥沼か?


    と思います。明日に続く・・・・・

憤慨のピンキーママでした・・・・
banner_04.gif







■ご褒美ディズニー■

夢の続きはホテルでみたい

■楽天市場■

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。